屋根塗装と外壁塗装

屋根の葺き替え・重ね葺き(カバー工法)
~無料で調査見積りいたします~

sakebi
  • 「屋根の葺き替え」や「重ね葺き(カバー工法)」の施工実績多数!低価格でご提供しています。
  • 豊富な経験と知識を持った作業スタッフが対応いたします。
  • 丁寧な作業と説明でお客様に安心と笑顔をお届けします。

屋根の葺き替えとは

屋根の葺き替えは屋根の補修や塗装と違い、下地から表面まですべてを取り替える屋根のリフォームになります。一般的に雨漏りなど屋根塗装だけでは修繕が出来ない場合に葺き替えを行います。

メリット

  • 雨漏りによる屋根以外への被害を防ぐことができます。
  • 屋根材を軽いものにすることで屋根全体を軽くして耐震性を上げることができます。

デメリット

塗装や補修工事に比べると施工も大掛かりになり、古い屋根の廃棄などもありますので一時的に高い費用がかかります。

屋根の重ね葺き(カバー工法)とは

重ね葺きとは既存の屋根の上に、金属屋根を重ね張りする屋根のリフォーム方法です。葺き替えとの違いは既存の屋根を剥がすことなく、屋根のリフォームが出来る点になります。

メリット

  • 工期が短く、古い屋根の廃材も出ないので費用が安く済みます
  • 新たな屋根材により耐久性が増し、屋根が二重になることで断熱性や防音性、防水性が向上します。

デメリット

屋根が二重になる事で、少し屋根が重たくなります。ただし軽量屋根材を使用すれば、屋根の重さはそれほど心配することはありません。

ワンポイントアドバイス
~塗装・葺き替え・重ね葺きの選び方~

実際に屋根のリフォームを考えたとき、屋根塗装がいいのか、重ね葺きがいいのか、葺き替えがいいのか悩むところです。プロに調査してもらうのが一番ですが、前もってそれぞれの検討方法を知っておくことが良い業者を選ぶ際に役立ちます。

主な検討方法としては・・・

  • 10年を目途に屋根のメンテナンスとして「屋根塗装」を検討

  • 屋根の劣化が激しく屋根塗装では耐久性に問題がある場合には「屋根の重ね葺き」を検討

  • 雨漏り等で屋根の下地から修繕が必要な場合は「屋根の葺き替え」を検討

目安としての検討方法ですが、参考にしてください。

そろそろかな?と思ったら・・・
まずはお問い合わせください。
強引な営業は一切しません!
丁寧にご説明いたします!

saki

現地調査無料
見積りをお作りいたします。
*他社見積りとの相談いたします。

問合せフォーム

実際の作業事例です

ビフォー

アフター

洗面所上部のカラーベスト屋根の経年劣化、ルーフィングの寿命、野地板の腐食により雨漏りしておりました。そのため、洗面所内の天井剥がれ、壁などのシミがあった為、屋根葺き替えと共に洗面所内リフォームを実施いたしました。

このページの先頭へ